「トイレットペーパー買ってこい!」がキモチイイー!

IMG_4650

こんばんは!

3秒でお客さまを惹きつける!
USPプロモーター三石由佳です。

 

一部で「現実離れ」とも言われる
女性誌『VERY』

主婦が対象の女性誌で
ここまで注目度が高いのも
MartとVERYくらいなんじゃないかと。

そんなVERYの新聞広告が
一部でかなり話題になっているのを
ご存知ですか?

 

これ!

 IMG_4650

 

読みながら思わずニヤリしてしまうは
このくだり

「ありがとう」より
トイレットペーパー買ってこい

一斉を風靡した
「同情するなら金をくれ」
と同じニオイを感じるこのフレーズ

言わずと知れた
ドラマ「家なき子」のフレーズですが、

「家なき子」が放映された1994年は
VERY読者であるアラフォーが
ドラマにどっぷりハマったであろう青春真っ只中。

この計算された言葉選び
あいまってニヤリ
、です。

 

この広告を見て
あなたはどう思いますか?

好き?
嫌い?

 

ネット上の評価も
賛否両論でした。

この「賛否両論」
VERYの人気を支えているのです。

 

VERYは
他の女性誌と比べて
読者層がハッキリしているのは

特集の各タイトルからも
見て取れます。

 

 

子育てファッションだって、
世界基準シンプル

 

春のはじめに投資するなら
ハイブランドの厚底靴

というように
読者層は

「勝ち組妻」

 

 

決して

節約して賢い主婦!

プチプラでおしゃれ!

などの特集はないのです。

 

その「勝ち組妻」の立ち位置に
憧れたり賛同する人に絞って

特集を組み
広告展開をすることで

熱狂的なファンを
惹きつけているVERY。

 

VERYは
ここ数年トップの売れ行きなのは
当然の結果とも言えますね。

 

賛否両論、大歓迎!

嫌われる覚悟があれば
売上が上がる

とVERYから
教えてもらいました。

さてその覚悟、
あなたはいつから取り入れますか?

 

USPプロモーター三石由佳