指原莉乃さんのスピーチ

image7

「本気」はじめました。

 

こんばんは!
3秒でお客さまを惹きつける!
USPプロモーター 三石由佳です。

 

今日はAKB48総選挙、開票日でしたね。
各メンバーのスピーチが気になって
いつもチェックしてしまう私です。

 

今回あなたに紹介したいのは
1位となった指原莉乃さんのスピーチ。

一部引用します。

=========

私はブスで貧乳で、
いいところは本当に少ないです

(中略)

いいところのない私は
開き直って2年前、
1位になることが出来ました

(中略)

全国の自信のないみなさん。

いじめられて、
私のようにひきこもりになって、
親に迷惑をかけてしまったみなさん。
日の当たっていないみなさん。

私はもう一度1位になることができました

(中略)

私の1位を自信に変えてください

=========

聞けば聞くほど
私自身と重なって仕方ない
スピーチでした。

 

私は小さい時から

「なんでもっとかわいく
 生まれなかったんだろう」

「なんでもっと要領良く
 生まれなかったんだろう」

「なんで・・・なんで・・・」

と自分が何かを持っていないことを
嘆いてばかりいました。

 

 

この言葉には
こんな想いが隠されていたからです。

もっとかわいければ
私が選ばれるに違いない

もっと要領が良ければ
私は学年トップになれたに違いない

 

もともと持っていないから
自分が成果を出せないことは
仕方がないことだ

自分の本当の実力ではない

そう自分に言い聞かせることで

本気になることから
逃げていたのです。

 

 

起業をしてからも
この考え方は
なかなか抜けきらなかったので
成果が上がらなかったのも
ある意味当然。

 

今確実に言えることがあります。

本気になることから逃げていては
いつまでたっても

知り合いばかりのお客様で月収10〜30万円程度の
そこそこの成果
しか出せません。

 

日々お届けしているメルマガは
そんなそこそこの成果で
満足する方向けではありません。

自分の好きなお客様に囲まれ
月収100万円を超える
突き抜けた成果を出したい!

と覚悟をしている方向けです。

 

指原さんのスピーチの
また別の部分をご紹介します。

=========

芸能界に入って、AKBに入って
なかなかセンターになれない私は
どうやったらセンターになれるんだろう
ずっと考えていました。

どうやったら前田敦子さんや大島優子さんのように
なれるのか考えたけどなれませんでした

私は開き直りました
私は指原莉乃をやり通そう、そう決めました

=========

自分は
前田敦子さんや大島優子さんではないから
センターなんて無理だ

と言い訳を言って
逃げ続けることもできるでしょう。

でも彼女は自分としっかり向き合うことで、センターを勝ち取った。

 

 

たった一度きりの人生ですから
一回は本気になってみたって
バチはあたりません。

 

今まで本気で何かに向き合ったことがなくったって
起業がそのはじめての挑戦だって
良いと思いません?

 

私は指原さんと同じように
私だってできたんだから
あなただってできるんだ
と伝えていきたい。

 

私の「本気」は
まだまだはじめたばかり。

一緒に「本気」
はじめませんか?

 

USPプロモーター 三石由佳