「お母さん向けのコンテンツは安くないと売れない」はウソ?ホント?

スクリーンショット 2017-03-22 16.24.43

こんにちは、三石由佳です。

 

三連休にもかかわらず
こちらの個別相談会へ
たくさんのお申込をいただき
ありがとうございます!

 

 

ご相談内容はさまざまですが、

 

「4月開講の講座への集客について
 相談に乗っていただきたい」

 

「メルマガ読者が増えないので
 増やす方法をご相談したい」

など
お悩みが明確な方からの
お申し込みが多い印象です。

 

あなたのWEB集客がなかなか
うまくいかず停滞しているのなら
ブログから卒業することを
一緒に考えていきませんか?


 

 

今日個別相談会でお話ししたのは
お母さん向けのサービスを

提供している女性起業家でした。

個別相談会にはお母さん向けの
サービスを展開している方が
多くいらっしゃいます。

 

しかもお話すると
想いがしっかりしている方ばかり。

 

「ご自身が出産する時に
 感じた悩みをサービスにした」


「子育てする中で感じた不安を
 コンテンツにした」

 

など、自分が試行錯誤して
作ってきたものだからか
コンテンツへの確信力が強く
お客様のこともよく考えられている
ケースがほとんどなんですね。

 

ここまで聞くと
「うまくいっているのでは?」
と思われるのかもしれませんが

 

お母さん向けのサービスを
提供している起業家に共通する悩み
があるのです。

 

あなたはわかりますか?

 

それは

「ありえないくらい低単価で
 サービスを提供している」こと。

 

以前お会いした方には
このような方がいらっしゃいました。


開催しているセミナーの単価が
なんと、なんと500円!!

 

「お母さんたちは
 お金を出してくださらないので
 このくらいの金額にするしか
 なかったんです」

とおっしゃるんですね。

 

このように想いがあって、
コンテンツへの自信もあって
多くの人が待ち望んでいる
サービスにもかかわらず

 

提供している金額が安すぎるので
いつまでたっても趣味レベルから
抜けられない

 

という方が多いのです。

あなたもそのような状態に
陥っていませんか?

 

 

お母さんたちは
お金を払ってくれない

ではなく

お母さんたちに
自分のコンテンツの価値を
伝えられていない

が現状の課題ですよ、

と今日の個別相談の方には
お伝えしました。

 

それではコンテンツの価値とは
どのように伝えるのでしょうか?

 

こう考えてみてください。

「今なら、ABCレッスン(仮名)が
 半額!」

と声をかけられたら
あなたは「欲しい!」と思いますか?

 

・・・

 

思わないですよね?


そもそもABCレッスン(仮名)が
どんなものか
わからなければ
いくらくらいの価値があるかも
わからないわけです。

 

 

あなたがどういうコンテンツを
扱っているのか
それはどのくらいの価値が
あるものなのかを
事前に伝えることで

価値があることを知ってもらえば
買っていただける、

そういうわけなのです。

 

その価値を伝える方法が
大事なのですが・・・
その方法は明日、ご紹介しましょう!

 

 

「お母さん向けのサービスだから
 買っていただけない。」 

との思い込みを捨てて
こちらの2名の起業家の後に
続きたい!と思う方と
個別相談会でお会いしたいです^^