単発セッションから継続セッションにつながらない3つの理由とは?

スクリーンショット 2017-03-04 10.26.22

こんにちは、三石由佳です。

 

 さて、先日から

「自分のサービスの価格が
 高いのではないかと悩んでいる」

という起業家仲間の相談を取り上げ
どのように考えたら良いか
お伝えしています。

 

今日はその最終章。

買ってくださらなかったお客様が
「理想のお客様だった!」となったら
これは気にやむ必要があります(汗

 

今日は
「理想のお客様に買ってもらえなかった!」
という状況の場合
どのポイントを改善していけば良いか
考えていきましょう。

 

理想のお客様像を
再度見直しても

買ってくださらなかった
お客様は理想のお客様だった

という場合、

 

理想のお客様が
買ってくださらない原因は

あなたの価値が伝わっていないだけです。

 

以前iPhoneが流行り始めた時
買うかどうか悩んでいた私は
友人にこんな質問をして回りました。

 

「iPhoneを買って良かったことを
 教えて欲しい」

特に外出先でまで
インターネットを頻繁に使うほど
必要としていたわけでもないので
多くの人が買う理由がわからなかったのです。

 

多くの友人が
私の質問に答えてくれました、
(いやはや本当にありがたい・・・)

・写真の画像がキレイ

・パソコンとiphoneで同じ情報が見れる

・音楽プレイヤーと2台持ちしなくても1台で済む

・好きなアプリなどを入れて自分好みにカスタマイズできる

 

当時iPhoneが出たばかりの頃
どうメリットがあるか
告知がされていなかったように感じたので
非常にこれらの意見は助かりました。

ちなみに
「音楽プレイヤーと2台持ちしなくて済む」
「好きなアプリなどを入れて自分好みにカスタマイズできる」

の2つの意見で私は購入を決めました^^

 

このようにお客様にとって
あなたの商品を購入することは
自分にとってどんなメリットがあるか

全くわかりません。

 

購入したらお客様はどうなれるのか
きちんと伝えていますか?

 

以下の質問に答えながら考えてみましょう! 

1、あなたと付き合うメリットは何でしょう?

 

2、ライバルと比べて
  あなたと付き合うメリットは何でしょうか?
 

 

3、何があればライバルではなく
  あなたを選んでもらえるのでしょうか?

  

「ライバルが何をやっているか
 知らない」と言っていられないのは
おわかりいただけますよね!

 

価値を伝えるためには
まずあなた自身が価値を知ること^^

 

ぜひこの3つの質問、考えてみてください!