お客様目線がわかる「スーパーで野菜を買う」ハナシ。

スクリーンショット 2017-01-31 21.02.25

こんにちは、三石由佳です。

 

まもなくスタートする
メルマガ登録キャンペーンの準備で
毎日バタバタしています。

 

メルマガ登録キャンペーンとは
自分の商品やサービスを知らない人に、
「このメルマガは自分に関係ありそう!」
と感じていただき

登録してもらうもの。

 

そのため、
準備してある文章などを読み

「その言葉は、
 あなたの商品やサービスを
 知らない人は、ピンとこないですよ」

と伝えることが多々あります。

 

 

例えば以前
こんなやりとりがありました。

 

食の専門家と
打ち合わせしていた時のこと。

 

その食の専門家が

「三石さん、わたし
 スーパーで野菜を買う人の
 気持ちが全然わからないんです!」

と言っていました。

 

「いやいや、
 私にはそれがわかりませんよ!(笑)」

とわたしは大笑いして
突っ込んでしまったほど。

 

食の専門家にとって

スーパーに並んでいる野菜は
栄養価が低いものだから
買うなんてありえない!

というものだそうです。

 

それに対して
一般消費者である私は

スーパーで買わずして
どこで買うの?

と感じるんですね。

 

専門家の当たり前は
お客様にとって
当たり前ではない

 

これ、すごく大事です!

 

WEB集客がうまくいかない
成果に繋がらない

という方はほとんどのケースが
この「当たり前の違い問題」
乗り越えられていないのですよね。

 

これは私のメルマガを読んだり
私の1回のアドバイスを聞いたり
しただけでは、ほとんどの人は
実践しきれません。

 

私がサポートしてる方々も
すぐつかめる方もいれば
なかなかつかめない方もいます。

 

ですが、
ここが自然と出てくるようになれば
「伝わるライティング」が
ステージアップ
したようなもの。

 

ぜひマスターしていただきたいところです。

 

そのマスターの方法について
お伝えしますね。

 

 

それは、
 

あなたの商品やサービスの常識を
100個書き出すこと

書き出したら、
あなたの商品やサービスとは
関係ない人に読んでもらうこと。

 

それを続けることで
「意外とこんなことも知らないのね!」
と当たり前の違いに気付くことでしょう!

 

WEB集客がうまくいくキモなので
ぜひチャレンジしてみてください^^