「価格が高い」と言われたら、値下げする?しない?

スクリーンショット 2017-02-05 20.55.42

こんにちは、三石由佳です。

 

今月はメルマガに
ご登録いただく方の数が
今までの3倍となっていて、
本当にありがたいことです。

 

長い間読んでくださっている方も
最近読み始めてくださった方も
お役に立てる情報を届けていきますね!

 

さて、今日も
WEB集客が成果につながった方の
事例をご紹介していきましょう!

 

あなたは
お客様から「価格が高いです」と
言われてしまったら、

価格を下げていますか?

価格は下げないけれども
ショックを受けますか?

 

私がサポートしている方々の中でも
多い悩みがこの「価格が高い」と
言われてしまうこと。

 

価格が高いと言われてしまうのは
値段のつけ方が間違っているのではなく
WEB集客のある部分が
原因である可能性がありますよ!

 

 

今日ご紹介する事例は
そんな悩みを抱えていた女性起業家、

食べる筋トレレシピの専門家
ギール里映さん

ギールさん

 

「お子さんの
 将来の可能性を広げるのは
 そのお子さんにあった食事を
 用意してあげること」

 

ギール里映さんは
今のお子さんの性格から
一番食べさせたほうが良い食事や
レシピの考え方、
外食時の選び方などを教える

食べる筋トレマスタークラス
という講座を提供しています。

 

Facebookに投稿をしている
ブログはたまに更新している
メルマガは毎日配信している

そのかいあって

個別相談会や単発セミナーには
人が集まっていたのですが

本命商品である
食べる筋トレマスタークラス
を案内すると
「高い!」と驚かれてしまい
契約いただける方が非常に少ない。

 

 

せっかく集客できているのに
契約いただけないことに
困り果てていた状態だったのです。

 

「高い!」
と言われてしまうのは
サービスの価値が伝わらない人が
集まってしまっているサイン。

 

実際に高額ではありますが

そもそも、
「その商品を欲しい!」
と言ってくださる人と
出会えていないこと
が問題だ
と私からはお伝えしました。

 

 

ギールさんの商品やサービスを
価値がある!と思ってくださる方は
どのような人か
「ペルソナ」を明確にしました。

 

例)ギール里映さんの場合

「自分の子どもが世界を変える!」

と本気で信じ、
その可能性を引き出すために

できるだけのことをしてあげたい、
と願う5歳児のお母さん

 

このペルソナに対し
Facebookでどう投稿するか
ブログでどう記事を書くか
メルマガで何を伝えるか、など
WEB戦略を組み立てていきました。

 

その結果、

月商7桁を超え
過去最高売上を達成!

する成果につながり、

いまでは
「私も食べる筋トレを教えたい!」
と言う女性たちが
殺到しているそうですよ!

 

価格設定で悩む方は
多いと思いますので
ぜひギールさんの事例を参考にしてくださいね!