自慢できる実績が少なくても売れる起業家とはどんなひと?

gahag-0060320403-1

こんにちは、三石由佳です。
 
 

年商1,000万円以上の起業家が
WEB集客に力を入れているのには
3つ理由があります、ということで

1、少数の集客で良い

2、お客様を育てることができる

の2つはここまでご紹介してきました。

 

 

前回の2では、
「今買いたい!」というお客様に加えて
「いつか買いたい!」というお客様が
買いたいタイミングに来る時まで
関係を続けておくことができるので

収益が安定する
とお伝えしましたね!

 

今回は3つ目のポイントです。

 

3、実績が少なくても
  先生になることができる

 

ともすれば
お客さまと私たちの関係は
営業マン対お客さま
になってしまいがち。
 
 
「買ってくださいとお願いする」
「なんとか説得して買ってもらう」
 
売り込みたくないのに
売り込まなければ買っていただけない
と思っている起業家は
まだまだ多いように感じます。 

 

そのため
売るためにどう話せば良いか
売るためにどうライティング
すれば良いかと
考えてしまうのですね。

 

それに対して
年商1,000万円以上の売上を
あげる起業家は
売り込むことを
ほとんど考えていません。

 

その代わりに考えていることは
自分に会いに来る前に
「この人は先生だ!」と
認識してもらうにはどうしたら良いか
ということ。

 

「私の問題を解決してもらえる
 先生だ!」と思ってもらうことで 
「ぜひ買わせてください」
とお願いされる。

 

そのために
Facebookやブログ、メルマガで
営業マンとお客様
ではなく
先生と生徒
の関係構築をしているのですね。

 

お客様との接点を
多く持つことができるWEBでは
「先生と生徒」の関係を
築きやすいので、
断然WEB集客に力を入れている
ということなのですね。
 

ここまで、
年商1,000万円以上の起業家が
なぜWEB集客に力を入れているのか
その理由をお伝えしてきました。

 

2017年こそは
年商1,000万円を超えたい!
と考えているのであれば
WEB集客ナシには考えられない!と
私は考える理由はこの3つなのです^^

 

とは言っても・・・
WEB集客が大事だと聞いて
今までいくつか試してきたけれど
あまり成果が出なかったという方も
いらっしゃることでしょう。

 

それは
数年前までのWEB集客の常識を
取り入れてしまっているから

ではないでしょうか?

 

次回では
WEB集客の5つの新常識について
お伝えしていきますね!