濃い信頼が向いている人、薄い信頼が向いている人

ffd07fd7fb9e33595d4cab123a9f6890_s

こんにちは、三石由佳です。

 

昨日、友人のセミナー集客コンサルタント
佐々妙美さんのオススメで
全く新しいビューティサロン
「THE BOOK」へ行ってまいりました!

 

サロンというと
痩身、美白、リフトアップなどの
目的に合わせて
実際に顔やカラダに触れるイメージが
ありますよね。

 

「THE BOOK」では
顔の表情を作るのは
外面と内面
と定義づけられていて

外面は通常のサロンのように
直接的なアプローチの施術となりますが

内面は感じ方や考え方など
その人の心にアプローチする
カウンセリングをしてくれるのです。

 

あまりお話ししてしまうと
実際に行った時に
感動が薄れてしまうので
ここまでにしておきます。

 

このサロンのコンセプトに
一気に魅了されてしまい
(まさにヒトメボレです!)
そのあとのコースも申し込んでしまいました!

 

コンセプトは大事!
何度もお伝えしてきていますが

自分が思わず申し込んでしまったことから
確信しましたね!笑

 

このサロンは
コンセプトづくりの好事例。

ぜひチェックしてみてください!

 

濃い信頼が必要なひとは誰?

 

個別セッションや
お試しコーチングで
お客様の悩みを聞き出そうとしても
なかなか本音を引き出すことができない
はぐらかされてしまう。

 

「悩みは何ですか?」
と聞いてみると

「特にないです」

「それは別にいいので、
 ◯◯だけ教えてもられば良いです」

「あなたは私に
 何をしてくれるんですか!」

 

などと、どこか受け身で
心を開いていただけない。

 

本音を話していただけないから
契約いただくにしても
トークが盛り上がらない

そんなお悩みに対して
「濃い信頼」を築くと良いですよ

とここまでお伝えしてきました。

 

「濃い信頼だなんて私には必要だろうか」

と考えている方のために

濃い信頼が向いている人
薄い信頼が向いている人

についてお伝えしましょう!

 

濃い信頼は築くまで時間がかかります。

薄い信頼は築くまで時間がかかりません。

 

ですが・・・

濃い信頼も薄い信頼も崩れるのは一瞬です。

濃い信頼であっても
崩れるものは崩れます。

 

 

ではそこまでして
なぜ濃い信頼が必要なのかというと、

濃い信頼であれば
高額商品を購入いただきやすいから。

 

信頼が濃いことで
心理的ハードルが高い
高額商品であったとしても
「信頼しているからお願いしてみよう!」と
感じていただけるのですね。

 

そのことから

濃い信頼が向いている人は
10万円以上の商品やサービスを
お持ち
の起業家・経営者

もしくは

10万円以上の商品やサービスを
将来的には持ちたい
と考えている
起業家・経営者

 

薄い信頼が向いている人は
5万円以下の商品やサービスを
お持ち
の起業家・経営者

に向いています。

 

 

あなたはどちらですか?

 

5万円以下の安い商品やサービスであれば
Facebookやブログで売れているケースが多く

私がお伝えする方法は
少し情報過多かもしれません。

 

将来的に10万円以上の
商品やサービスも扱いたい!と思うのであれば

今はお持ちでなかったとしても
その時までに信頼を
築いておきたい
ので
濃い信頼をオススメします^^

 

 

濃い信頼を構築するには
このようなWEBの仕組みを作っていきましょう!

スクリーンショット 2016-08-04 13.23.21.jpg

 

逆に
薄い信頼を構築するには
Facebookやブログで売ることを
専門としている方に
聞いてみてくださいね!

 

では次回から
濃い信頼を構築するための
WEBの仕組みについてお伝えしていきます。