メルマガ読者さんは多くないとダメ?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-23-07-11

こんにちは!三石由佳です。

 

ガムシャラに売上を上げる時期を越えて
新規のお客様と出会いたい!と考えたときに
WEB集客のテコ入れを
考える人は多いんですよね。

 

ただそのテコ入れが
間違えた努力だと
なかなか新規のお客様と
出会うことができず

いつまでたっても
状況が変わらない
ということになってしまいます。

 

テコ入れを間違えないためにも
世の中でよく言われている
カンチガイやミスを
取り上げていきます。

 

 

メルマガ読者数は
多ければ多いほど良い?問題

 

ガムシャラになんとか
売上を上げてきたけれど
このままの働き方は続かない

今の労力で集客や売上の規模を
広げることはできないだろうか

 

そう考える方が
非常に多くご相談に来られる
印象にあります。

 

そのような方にお伝えしているのは

目の前の人に売る営業
ではなく

これから先買ってくださるであろう
未来のお客様を育てていく
マーケティングに移行

していきましょう

ということ。

 

その中で
話題に上がるのはメルマガのこと。

メルマガ読者の数は
多いほうが良いのでしょうか?

とご相談をいただきますが
あなたはどう思われますか?

 

メルマガ読者の数は
多いほうが良い

が私の答えです。

なのですが条件付きです。

 

 

こちらの事例をもとに
考えてみましょう!

 

Aさん
「私は2002年からメルマガを発行して
 メルマガ読者が30,000人です」

 

Bさん
「私は2015年からメルマガを発行して
 メルマガ読者が30,000人です」

 

どちらの人のほうが
WEB集客での売上が高いと思いますか?

 

おそらくBさんのほうが
WEB集客での売上が高いでしょう。

 

 

事例をもう一つ。

Cさん
「私は自分のブログから集めた
 メルマガ読者さんが1,000人います」

Dさん
「私は購入したリスト
 メルマガ読者さんが1,000人います」

 

どちらの人のほうが
WEB集客での売上が高いと思いますか?

 

おそらくDさんのほうが
WEB集客での売上が高いでしょう。

 

 

数が多ければ良い
という問題ではない

どのような読者でも良い
という問題ではない

 

メルマガ読者数が多くても
あなたの商品やサービスに
興味がある人でなければ
売上につながりません・・・。

 

私自身も2年前、
メルマガ読者さんが
400人増えただけで
245万円の売上

上げることができました。

 

フィーリングリフォームの専門家
山岸加奈さんは
メルマガ読者470人でも
月商150万円を継続しています。

 

メルマガ読者の数だけに
フォーカスするのではなく
あなたの商品やサービスを
欲しい人がどのくらいいるかの
質にこだわる、ということ。

 

メルマガ読者さんは
数より質です。

 

数ばかり追いかけて
間違えた集め方をしないように
気をつけてくださいね!