オフライン集客とオンライン集客では、売上に20倍の差がうまれる理由

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-13-8-40-43

こんにちは、三石由佳です。

 

なんだか日に日に
寒くなっていきますよね。

こうやってあっという間に
冬になってしまうのかな、と
心なしかさみしい気分です。

 

冬になるということは2016年も
もうすぐ終わってしまうということ。

 

2016年を
どういう自分で終わらせたいか

そろそろ考えておいたほうが良いですよ^^

今からならまだ間に合うこと、
たくさんありますしね!

 

 

さて、ここ数日
心屋仁之助さんのエピソードをもとに

将来的に買ってくださる可能性のある
未来のお客様
とのつながり方について
考えています。

 

ここで一度まとめてみますね。

 

心屋さんは起業当初
10,000枚チラシを配り
1名やっと買ってくれた

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

見込み顧客の数
 大事なんだ!」と気づいた

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

見込み顧客は
・オフライン
・オンライン

と持つことが出来ます

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

オフラインとオンラインの
違いはコンタクトの頻度

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コンタクトの頻度は
信頼関係を構築する上で
欠かせないことだと
心理学上でも証明されています

ここまで見てきました。

 

 

では、
オフラインとオンラインのコンタクトの差
もう少し突っ込んで考えていきましょう。

 

まずオフラインの場合。

セミナーや交流会で一度会った人が
オフラインの「見込み顧客」
に当てはまりますが

そのような人たちに
次に連絡を取ったり会ったりするのは
どのくらいの頻度で行いますか?

 

月に1回?
半年に1回?

それとも出会った次の日に
セミナーの案内を送って終わり?(笑

 

丁寧に連絡をするとしても
100人いたら
100人全員に対して
連絡を頻繁に続けるなんて
ちょっと非現実的な話ですよね。

 

 

それに対して
オンラインの場合。

Facebookやブログを介してメルマガに登録いただいた人が
オンラインの「見込み顧客」に当てはまりますが

100人に登録いただいたら
毎日メルマガを配信すれば
自動的に毎日100人全員と
コンタクトを取ることができる
んですよね!

 

オンラインとオフラインと
人により得手不得手があるので

ぜひ両方の「見込み顧客」を
持ってどちらが売上につながるか
試していただきたい
のですが

 

私は
効率的にコンタクトの頻度を
多く取ることができる
オンラインが好き

かつ
オンラインの方法に
助けられてきました!

 

オフラインの方法では
最高売上が月10万円

オンラインの方法では
その20倍以上の売上

あげることができた時に

私はオンラインが得意だ!と確信したのです。

 

 

次回のメルマガでは

オンラインで「見込み顧客」を
作ることに抵抗がある人が持つ
カンチガイ
解決していこうと思います。

 

例えばこのようなことを
考えていませんか?

 

・Facebookで手当たり次第に
 友達申請をすることに抵抗がある

 

・Facebookやブログ、メルマガなど
 書くものが多すぎてネタ切れする

 

・メルマガ解除されるのが怖い

 

 

これらの悩みは
全て1つのことで解決されるのです。

 

答えが気になる方は
次回のメルマガをお楽しみに^^